電線間支持ロープ

電線間支持ロープとは

電線と電線の間を繋いで取り付けられるロープです。
雷害や不慮の事故、電線の劣化による断線が発生したとき、電線が落下するのを防止する役割があります。
電線落下防止用ロープとも呼ばれます。

仕様・寸法について

電線間支持ロープは繊維組紐をシリコーンで被覆して形成しています。
基本寸法はφ8x1500Lですが、ご希望の寸法で製作することが出来ます。
※長さは約10mまで製作できます。

お客様の求める性能で材料構成の変更も可能です。
現在は主に架空配電線で使用されています。

採用実績

・電力業界

pagetop