FEファインシート

FEファインシートは、超耐薬品性と耐熱性を兼ね備えたフッ素ゴムシートです。
パーフロロゴムに相当する性能を持ちながら、エーテル類、アミン類、ケトン類など、
幅広い薬品に対して優れた耐久性を持っています。

「求める耐薬品性が一般的なフッ素ゴム(FKM)ではカバーしきれないけど、

 パーフロロゴム(FFKM)は価格が高すぎる・・・。
 価格を抑えつつ、耐薬品性があるゴムを探している」

という方に、ぜひおすすめしたい製品です。

FEファインシートの特長

柔軟性とクッション性


柔軟性とクッション性に優れているFEファインシートは
クリープ現象(コールドフロー)を起こさないため、
「PTFE(ソリッド)のパッキンを使い続けていたら
 締め付け部が徐々に変形して漏れてしまった!」
という現象を防ぐことができます。

FEファインシートの性能について

耐薬品性


パーフロロエラストマーに匹敵する耐薬品性を持っています。
詳細は下の物性比較表をご確認ください。


耐熱性

使用温度範囲は-40℃から200℃までとなります。

耐引裂性と薄膜加工
優れた耐引裂性を持ち、40μmの薄膜シート加工も可能です。

一般フッ素ゴム
FKM
FEファインシートパーフロロ
フッ素ゴム(FFKM)
使用温度-20~200℃-50~200℃0~300℃
アセトン×
MEK×
エチルエーテル×
NMP×
酢酸エチル×
水酸化カリウム×
TMAH×
THF×
メタノール×
エタノール
ガソリン
エンジンオイル×
ギアオイル×
耐熱グリス×
エチレンジアミン×
無水酢酸×
濃硫酸
塩酸
硝酸×
水酸化Na×
アンモニア水×
冷却水×
スチーム(熱水)×
一般フッ素ゴム(FKM)  各社銘柄・・・バイトン、 ダイエル、 テクノフロン等
パーフロロフッ素ゴム(FFKM)  各社銘柄・・・カルレッツ、 ダイエルパーフロ

原反シート 製造可能サイズについて


厚み 0.04~0.1mm: 最大 250mm×1500mm
厚み 0.5~5mm::最大 600mm×600㎜

※シートからの打ち抜き加工カッティングプロッターでの加工も承っております!

よくあるご相談・提案事例


Q.パーフロロゴム(FFKM)との違いは?

A.パーフロロゴムは耐熱300℃に対して、FEファインシートは200℃となっています。

また、パーフロロゴムと比較してFEファインシートは

ギアオイル、エチレンジアミン、アンモニア水、スチーム(熱水)への

耐久性能は低い傾向となります。

材料選定の際は、一度有恒商会へご相談ください!

おわりに


FEファインシートは、耐薬品性と耐熱性を兼ね備えたフッ素ゴムシートとして、
長寿命化・コストダウンに貢献します。


「パーフロロゴム(FFKM)を使うまでもないけど、耐薬品性のある材料を探している」
「PTFE(ソリッド)では漏れが発生しやすく困っている」

「材料選びを専門の人に相談したい!」


という方はぜひご相談ください。

有恒商会には、カッティングプロッターや打ち抜き加工設備も完備しておりますので
小ロットでの加工や試作対応も可能ですので、お気軽にお声掛けください!

pagetop