有恒商会の加工技術コラム

フッ素樹脂(PTFE)表面処理

有恒商会では、表面処理剤を使ったフッ素樹脂の表面処理加工に力を入れています。

こんなお悩みはありませんか?

●フッ素樹脂を他の素材と接着したい

●フッ素樹脂の表面に何かを書き込みたい、印字したい

有恒商会で出来ること

有恒商会では、フッ素樹脂の非粘着特性のみを無くす表面処理加工が可能です。

樹脂の中でも高性能であるフッ素樹脂(PTFE)は、

非粘着特性(さらさら滑って、くっつきにくい)にも優れており、

その特徴を活かしてフライパンの表面にコーティングされ、汚れをはじく加工がされています。

このように長所でもある非粘着特性ですが、フッ素樹脂に何かをくっつけたい、

どこかに貼り付けたい、表面に何かを印字したいという場合には短所になってしまうこともあります。

表面処理剤を塗布することで表面改質をするため、

マスキング処理をすることで表面処理をしたい部分だけ処理することも可能です。

下の画像のように半分は素材のまま、半分は表面処理をすることも可能ですし、

表面のみ表面処理をして、裏面は素材のままということも可能です。

対応実績

・部品全体の表面処理

・フッ素樹脂シートの裏面だけに粘着剤を塗布して、他の素材と接着

 (表面処理+接着加工)

表面処理 ビフォーアフター

 左側:未処理

  ⇒色:グレー(素材成りの色)

   水をはじいています。

     

 右側:表面処理済

  ⇒色:黒色表面

 フッ素樹脂は通常水を弾くため浸透しませんが、表面処理を実施すると水がなじみ、

 染みこんでいます。

│ 有恒商会の加工技術コラムTOPへ戻る │

pagetop