海外調達から国内調達へ!超高分子PE曲げ加工品

海外調達から国内調達へ!超高分子PE曲げ加工品

化学品メーカー

問題点

お客様は従来、海外から超高分子量PEの曲げ加工品を仕入れていましたが、納期が大幅にかかっていました。
国内での生産への切り替えを検討していましたが、従来の加工方法が分からずなかなか移管が進みませんでした。

↓

有恒商会からの提案

①曲げ加工維持方法の開発
 工場と協力し、曲げ加工維持方法を開発し、提案しました。

②品質向上・納期短縮
 海外生産→国内生産に切り替えることで品質・納期ともにお客様の要望に応えました。

↓

結果

①曲げ加工維持方法の開発:
超高分子PEを熱曲げプレス機で曲げることはできるものの、曲げた材料が真っ直ぐに戻ろうとする力が非常に強力でした。
そこで、専用の固定治具を開発しました。
治具を使用することで曲げた形状を維持することに成功しました。

②品質向上・納期短縮
この新しい加工方法により、超高分子PEの製品は従来の製品よりも長持ちすることが確認されました。
従来品は約2ヶ月で交換が必要でしたが、新しい製品は耐久性に優れており、交換の頻度が減少しました。
国内での生産に切り替えたことで、価格・納期ともにお客様のご要望に応えることができました。

お客様の声:
「海外→国内生産に切り替えることができ、価格・納期ともに非常に助かりました!
 また、従来は2か月でだめになっていたのに、
 有恒商会製に切り替えてからは2か月以上経ってもまだ使えています。
 ありがとうございました。」

│ 問題解決事例TOPへ戻る │

pagetop