支給品の納期調整と数量管理の効率化

支給品の納期調整と数量管理の効率化

産業用機械メーカー

問題点

お客様には、金属部品にゴムの焼き付け加工をして納入しています。
従来、金属部品を支給していただき、有恒商会にてゴムの焼き付け加工をしてお客様へ納入していました。
しかし、支給品である金属部品の納期調整や数量管理に手間がかかり、支給が遅れることがありました。
これにより、お客様の製品の生産のスケジュールが立てづらく、納期にも影響が出ることがありました。

↓

有恒商会からの提案

有恒商会はゴム・樹脂・金属など、あらゆる材料の取り扱いが可能であるため、支給品を自社調達にて提案しました。

納期調整の容易化:
自社調達により、支給品の納期を有恒商会の製造スケジュールに合わせて調整することが容易になります。

数量管理の改善:
自社調達により、数量管理を効率的に行うことができ、製品の供給を円滑に行えるようになります。

↓

結果

提案により、以下のような成果が得られました。

コスト削減と効率化:
自社調達により、支給品の納期調整と数量管理が改善され、結果的にコスト削減につながりました。
加工の遅れや手間がなくなったことで、双方の効率化となりました。

完成形での納入:
支給品の自社調達により、有恒商会は完成品での納入ができるようになりました。
これにより、お客様は支給品調達の手間がなくなり、管理工数削減となりました。

お客様からの声:
"支給品の自社調達に切り替えることで、納期調整や数量管理の手間がなくなったことで
部品入手がスムーズになりました。
それにより、コスト削減も実現し、お互いにとって大変効果的な改善でした。
今後ともよろしくお願いします。"

│ 問題解決事例TOPへ戻る │

pagetop